今シーズンの野良第五人格(反省)

今期の成績と感想

時間取れなくてあんまり潜ってないのであれなんだけど, 今期は下手すぎましたね…
マンモスⅲ☆3で引退. 使用したサバイバーは前回に書いた記事の延長で傭兵/技師/空軍/占い師に加えて呪術師と一等航海士.(オフェンスは練習を怠りすぎていて精度落ちてて偏差が激しかったので前ほど使用しなくなってた)

呪術師はオフェンスと立ち位置自体は違えど, オフェンスよりは柔軟に動けて, チェイスもできなくはない呪術師をメインで使いたいなーと思って試していたものの, 野良でPT組む場合はあまり良くないなーという感じでした.

これにもっと早く気づいてオフェンスを擦ったり, 呪術師より出力の安定度は無いものの平均的に粘着が強くてデメリットがない探鉱者あたりを試すっていう選択肢を取るべきだったと反省. 自分が今やっているゲームは第五人格だけど第五人格ではない, 野良の第五人格だという自覚が若干薄れていたかなあ… というのがダメでした. 後, もっというなら野良で呪術師やるなら36にすべきでした. 以降詳しく解説します.

今回使用した呪術師について

39+不屈型を使用しました. 39に振ることでファースト引いた時の事故率の軽減, 仮に初手吊りされても, 3639誰に救助されたかにあまり依存せずに2吊り目救助で3スタック呪いが安定して使えるとか, 自分が救助するときには3スタック救助をするという前提のため6でなくてもいいだろう… という奴.

呪術師は極端にチェイス弱いキャラではないもの初手を引きたくないキャラだし, 初手を引かないにしても6を取る(=3スタック溜まってない時に有効になる保険)必要はないかなあと考えていたんですけど, 実際は自分のチェイス力をもう少し信じて臨機応変に動ける6にすべきだった…という奴.

他にもオフェンスと違って 呪術師の粘着は対面ハンターの力量があまり関係ないという大きな利点を感じていたり, 殿堂級の枠取り合戦でも傭兵技師占い師みたいな出席率の高いキャラをお譲りできるとか 不屈のおかげで割かし早く起き上がれるので不意の粘着ができるとか肉壁がお気楽にできるみたいなのはあったけど, そもそもここに書いたとおりに上手くいかないんですよね.

呪術師では野良のサバイバーを守れません.

ちなみにこれは探鉱者にも言えます. マグネットが2~3あるとか, スタックが2貯められて頑張って3スタック呪いができるとかなら話は別ですけど野良のサバイバーはそこまで持ちません. で, それで焦って変なスタック貯めを試みるもたまらない. みたいなのが非常に多かったです. この時点で早く気づくべきだった. 下手すぎてすまん

オフェンスみたいに確実に小タックル入れて強ポジに逃がしたり場合によっては肉してなんとか絶対安全圏まで逃がせるか…みたいな所に留まっていて, ダウンした後の読み合いも読み合いで興奮あるのかないのか不明な場合は積極的に行きづらい. という現状なのに野良のサバイバーを過信しすぎていた… 

呪術師, ちゃんとサバイバーの場所が把握できていてそのチェイス付近で解読スタック貯め粘着あたりの活動が差し支えなくできれば強いんですけど, 野良ではまあそんな余裕はないので結局のところ鉄板キャラorオフェンスで出力の高いキャラをちゃんと使っておけばよかった…

ちなみに9じゃなくて6にしておくべきだった, というのは鉄板達のキャラパに届くように補うためみたいなところですね. 6が残っているかどうかで通電後のサバイバーの逃避状況が大きく変わってるなあ… みたいな展開が多かったです. (まあ当たり前なんですけど… )

来期はどうするの?

ナーフが待ってますけど 36板オフェンスを使うのかな… という感じですね.

後, 前の記事で傭兵を野良が使ってくれると安心~みたいなこと言ったと思うんですけど(傭兵の救助的な意味で) そういう感じは全くしないのでオフェンス+傭兵構成になったときに傭兵が救助を頑張らないといけない, みたいな展開をオフェンスが無くしていくみたいなのを目指そうと思います. 傭兵がいない構成の場合は解読やや早になるのでスポーン一次第ではガッツリ粘着していくのも視野に入れて取り組もうと思います.

それか, 野良が本当に嫌になってきたのでグリまでは固定も少し混ぜてやっていこうかな..

今期は今期でシャドウバースとかもあるのでまたもや時間取れるか怪しいけど自分の腕上げもしていこうと思います. 最近下手すぎた…

後, このサイトでスポーン位置とかハンター側の小ネタとかそういうのもまとめていこうかな… と思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください