メルカリでスマホ売買 マニュアルブック

※※※有料noteで書き纏めようと思ったんだけど, このブログ読んでる皆様の場合 普通にちょっと情報渡すだけで実行できそうだし意味なさそうなので普通にブログ記事として公開します. (それにそこまで読者もおらんし, 競争相手も増えんやろ… )

最近メルカリにハマってます.

ちょっと前までは安くサブカルグッズ買い叩けたらいいなあとか, ムカつく奴を出品して悦に浸れる 「買い物も出来る嫌がらせサービス」みたいな常軌を逸した付き合い方をしていましたが, 最近は普通に情弱騙くらかして売買して小遣い貯められるサービスとして使っています.

まあ言うて, まだ取引数4(取引中止を除く)なので情強ぶってるわけではないんですけど, 自分の出品物0で適当に得点で貰えるメルカリポイントでメルカリから出品物を仕入れ, それをちょっと直したり価格設定を再設定して出品して売上金増やすみたいな感じです. 1:1対応じゃなく1:多対応のわらしべ長者みたいなことしてます. 

売り買いのブツとして, 大体スマホを有利トレードもしくは無知をついて商品だけ頂いて取引キャンセル貰うような感じで美味しい思いしてます. 昨日なんかDevice Protection付 huawei P9 lite (傷無ほぼ新品)を6000円で売ってる人から1500円まで値下げさせて, 商品届いてから無知を突いて返品無し取引キャンセルにまで持ち込ませました.

僕としては競争相手増やしたくないけど自己顕示欲とネタの枯渇の辛さに勝てなかったので 具体的に情報及び手法を適当に公開しちゃいます.

※基礎知識とか知ってる方は飛ばして次の項目からお読みください.
※この序文を読んで不快感を覚えない, 罪悪感を覚えない, 無知が悪だと思う人は続きを読んでください.

 

スマホを売り買いする上の基礎知識

あんまりスマホの売り買いに詳しくないよ!スマホの事も詳しくないよ!という方にはそもそもメルカリでスマホ取引することはお勧めできないけど, まああのバンドリ解析記事を読んで実行できる皆様ならここにちょろっと書いただけでそこら辺の人より全然上手くやれそうだし, 最低限の基礎知識を一応置いておきます. 極めて雑に書きますのでよろしくお願いします.

下記の点についてしっかり意識ができれば, Android/iPhone問わず騙されることはないでしょう.
そしてこれを抑えていれば有利に口論もできます.

  • Simロックの有無
  • ネットワーク利用制限の有無
  • アクティベーションロック/Device Protectionの有無
  • バッテリー劣化状況の確認

Simロックの有無

大手キャリアから購入したスマホには, Simロックと呼ばれる自社のSimカードしか使えなくする制限機能があります.

例えば あなたはSoftbankでスマホ回線を契約して, 一緒に買ったスマホがあるとしましょう. 契約を終えて, auと契約をし, Softbankで買ったスマホをそのまま使用する場合,その大手キャリアのSimが使えないという感じです. ちなみに確認方法は他社Simを刺してみるとか, 特定機種は端末情報やコマンド等です.

で, このSimロックなのですが 契約者本人は緩い条件を満たせば無料で解除することが出来るんだけど 契約者以外は3000円ほどの手数料(SB系)が必要もしくは不可能(au)です. 例外としてDocomoだけは契約者以外でも無料で解除できます.

勘の良い人は気づかれたと思いますが, DocomoのSimロック端末は情弱が解除せずに売っているのを見たらカモれるという感じです. 値段みてSimロック分も考慮されて販売されているのを確認出来たら美味しく買えるというわけです. で, こんな感じの情弱の場合は知識も乏しいので良い獲物となります.

 

ネットワーク利用制限の有無

残債処理がされていなかったり, 盗難報告がある端末にはネットワーク利用制限が掛かります.

良く勘違いされますがネットワーク利用制限という文字列のくせにWi-Fiは問題なく使えます.

具体的に, 〇,△,✕の3つのステータスで表現されます.
・〇は利用制限無しかつ将来的に✕になる可能性が極めて低い
・△は残債処理等で✕になるかもしれない状態
・✕は利用制限有り

です. こちらに関しては✕でなければ売れるという認識で構わないです. △だと売るも買うも安くなるといった感じ. ちなみに確認方法はIMEIと呼ばれる端末識別番号を確認サイトなどで打ち込むことによって状態確認できます. IMEIの確認方法は端末情報もしくはコマンド等. ※盗難が疑われるアクティベーションロック/Device Protectionスマホに対してコマンドで確認するのは有用な手法となっています.

値段以外の側面で, メルカリでの取引の際にどう生きるのかというと,  情弱相手に利用制限状態を嘘ついて伝えることで返品不要取引中止に迫れる可能性があります. 情弱様はIMEIを控えないので商品を発送した場合彼らは自分で確認が取れないのです(番号だけ,とかではなく画面スクショで控えていたら取引画像に添えるはずです.)

そして, ネットワーク利用制限はWi-Fiも制限をかけると思っている方も多くいらっしゃるため, ✕だと知った場合余程状態が良い端末でもなければ基本的に売れないだろうと思う人が多いみたいです. その上返品されても返品配送は基本的に着払いで来ることを考えると返品面倒だしいいよ… と諦める人も多いです. これに加えて後述する「アクティベーションロック/Device Protection」までついてたらまず返品要求はしないでしょう.

そして, 最悪 「いやこっちでちゃんとIMEIを証明できるんだけど??」と突っ返されてもこちらは最悪穏便な捨てセリフ残して評価してしまえば低評価をつけられる可能性だけで終われますからね… 期待値として覚えておきたい.

 

アクティベーションロック/Device Protectionの有無

ここを読んだ方がもしかして早い?

iPhoneの場合は「iPhoneを探す」が有効な状態で, Androidの場合は特定のAndroidOS以上でファクトリーリセットを掛けた場合, 初期設定の途中で紐付けていたAppleID/Googleアカウントを要求されるアレです. 基本的な機能全部が使えない状態になるので盗難防止システムみたいなモンですね.

この状態ですとまず普通のスマホ買取店で売ることができません. 盗難が疑われるからですね. 普通の所有者なら解除は自力で出来ますからね~ 妥当な見解です.

AndroidのDevice Protectionは記事にもあります通り比較的簡単に解除できます. 基本的には
①Device Protection中に使える基本機能の脆弱性を突いて, USBデバッグを可能にできるアプリを何とかインストールする(記事で使った手法)
②Device Protection中に使える基本機能の脆弱性を突いて, Android設定に何とかアクセスしてそこから初期化をする
等の方法で解除できます. しかも①②共にPCでの作業が必要というわけではないです. 別個にスマホ持ってれば十分できてしまうお手軽さもあります.

なのですが… 情弱様は検索能力をお持ちでないか調べようともしないため使えない!売れればいいや!メルカリで安く売ろ!となるわけです. ※但し, メルカリでこれらの状態での取引が行われ, 問題が多く発生したせいか, 専用の注意事項ができるまでに及んでいるので殆ど売れないのが実情です…

一方, iOSのアクティベーションロックはかなり堅牢で最近まで99%不可能というのが実態でした. 調べてみても有料で解除を承るとか胡散臭くて本当か怪しいサイトばかりです…

が, 最近ではある端末より古い端末なら解除できる, らしい. (今検証中, 出来たらさすがにこれは有料noteかな…)

 

バッテリー劣化状況の確認

これは人に寄るしそのままなので説明は割愛します.

ただiPhone6sとかでバッテリー損耗状況70%とかはほんとエグイ減り方します…

 

基礎知識の簡単なまとめ

ちょっとわかってる人もここを今一度確認してもらった方がいいかも

値段変動 有無の確認 備考
Simロック 変動 面倒(他社Sim必要) Docomoのロックは自力で解除可能 SB系は最悪3000円で解除可能
ネットワーク利用制限 大幅に変動 容易(IMEI必要) 返品要求を萎えさせられる力を持つ(IMEIの所持の有無次第)
アクティベーションロック/Device Protection 超大幅に変動 起動すればわかる Androidは直せる可能性有り iPhoneはノーコメント
返品要求を萎えさせられる力を持つ
普通の店頭では売れない

 

とりあえずここら辺の知識を駆使して有利トレードや返品無し取引中止を狙います.

特に返品無し取引中止を狙う場合は

  • 相手に返品のメリットを感じさせないこと(端末の価値を徹底的に無いものだと思わせる)
  • 住所情報, 着払いのデメリットを意識させる
  • 記述, 端末の不備で罪悪感を覚えさせる

あたりを意識しています.

 

実際のメルカリでの取引の詳細(筆者談)

とりあえずここまで公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください