[CUE!] 暗号化対策前に抽出方法のお話

はじめに

へえ~~~,抽出行為をしたらアカウント特定してBANもできるからな!ということらしいですがそんなん出来んでしょ...

とそこら辺はともかくとして,CUE!とかいうオワコンアプリさんがこういうお知らせを発信したので,対策入る前に今のデータを丸ごと保存しておこうかな,という記事です.まあ3か月くらい遊んだゲームだしね.

※この記事は具体的な抽出ツールの説明は省きます.キッズに模倣されてインターネットでイキられても困ります故.ツールの詳細については過去のバンドリ解析記事やLive2D解析記事の方を読んでください.

※わからなければこちらで作業代行を承っております.

CUE!ファイルの在処

Android/iOS共に特にひねった場所じゃなくていつもの場所.楽に回収したい,運営の旧バージョンのサーバ自体の修正に対して不安ならこちらからファイルを保存して抽出してもイイでしょう.

一方でサーバーのファイルの在処を書いてあるファイルリストはこちら(両方ともiOS)

AssetBundleManifest
crisoundmanifest
crimoviemanifest

どうせこれから↑のファイルはゲーム内で差し替えとかには使えないだろうしiOS版だけでいいですよね.
ちなみに下二つは多分これが動画/音声ファイルの情報を握っているのはわかるんですけど,よくわからないです.
これそもそもunity3dだった,ちゃんと調べとけって感じだ...Assetstudioで開けば読めます

で,↑のファイルを開いてもらってもピンと来る方,来ない方それぞれいらっしゃると思うんですけど
ファイルの中のディレクトリっぽい文字列に「https://cdn.cue-liber.jp/AssetBundles/v1.9_3/iOS/」を付けてURL欄にぶち込めばそのファイルが手に入ります.

例えばAssetBundleManifestの方なら「https://cdn.cue-liber.jp/AssetBundles/v1.9_3/iOS/」とファイルリストの文字列の中にある「anime/0001/animebg_0001_01」を組み合わせて

https://cdn.cue-liber.jp/AssetBundles/v1.9_3/iOS/anime/0001/animebg_0001_01

と打ち込んでやればそのファイルが手に入るわけです.live2dが欲しければlive2dで検索をかけてヒットした文字列に対して同じようにしてやればそのファイルが手に入ります. バンドリのAssetBundleInfoと同じ感じです.

ですけどAssetBundleInfoと違って整形がこっちはさらに面倒なので,あれみたいなのが欲しい方は自力でやってください.
それか欲しい人には500円くらいで上げます(苦笑 ⇒ これ結構依頼きました.だからと言って値段釣り上げるようなことするつもりはないですが案外皆さん見てるんですね.わからないことあればコメントやメールで依頼のついでに聞いてくれれば無償で答えるので気楽にどうぞ.そろそろサーバーに対策入るかも何でお早めに.(こちらから)

※一応サンプル

最後に

このゲーム,音源もまあまあよろしいですけどガルパみたいに非売品の音源とかがあるってわけじゃないので,どっちかと言えばLive2dを引っ張ることに価値があると思うんですよね.

この記事に書いてある方法でファイルを手に入れ,本ブログの他の記事を読み漁ればこんな風にゲームの中でしか見れないスキンもあなたの物ですし,スマホの壁紙にもできちゃうんですよね.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください