[identityV] (野良での運用方法込)バンピック上位鯖の立ち回り

ブログの記事としてアウトプットしていますけど,身内の間で必要だなと感じたので文章化します.

バンピック上位鯖

本記事では以下のサバイバーの事を指します.

  • 傭兵
  • 祭祀
  • 占い師

以上3体のサバイバーはハンターによってBANされる確率が非常に高いです.(ハンターの持ちキャラ,マップ等を考慮してされることもあり) 野良でidentityVをするにあたって,野良におけるサバイバーの立ち回りの情報が少ないという声を聴いて,需要があるのかなと思いました.

確かに,有名配信者の動画を漁ってみてもちゃんとした実況解説になっているものは少ないと思ったり,そもそも野良に対して向けられたものじゃない物が多いなと感じました.(まあそもそもモチベのある人は固定をする傾向にあるし仕方がないとは思うのだが)

とはいえ,人によっては身内で時間を合わせて固定をしたくてもできないから仕方なく野良をするしかない,という方もいらっしゃいますよね.というか僕がそうなんですが.

そういうわけで需要が無いわけじゃないのかな,と思ったのでこちらで共有します.

傭兵について

正直,傭兵はそこまで固定と野良で勝手が変わるキャラだとは思っておらず,文章量も増えないんじゃないかなと思ったので最初に説明します.

[初動について]

傭兵は強弱ポジ関係なく,どこでも解読を始めてよいキャラです.とはいえ,あんまり気にされない方もいると思いますが,個人的には救助に行くとしてどこに出向くことになってもいい場所で解読をすべきかなと思います.(わざわざ散歩してそういうポイントに行くまではしなくていいと思う)

ハンターが近づいてきたら単純に逃げるのではなく,なるべく傭兵だと気付かれずに時間を稼ぎ,ダメージを受けずにやりすごすのが大事です.ハンターは傭兵をなるべく追いたくない立場なので,基本的には傭兵を見かけたら追わないか追うにしても1ダメージ与えてその場を後にします.裏を返せば傭兵でないと思ってくれていればハンターは追って時間を無駄にしてくれますので,とにかく物陰で姿が見えないようにチェイスしましょう.

また,この過程で肘当てはなるべく使わないようにしたいですね.使ってもせいぜい1個まで,ダメージも当たり前ですが受けてはいけません.戦争後遺症が積まれる,救助に行けなくなる,(祭司がいても)治療に手間が取られます.

[救助について]

肘当てを1回使って椅子に丁度たどり着くような間合いまで余裕をもって到着して,読み合いに必要な時間を残して肘当てで急接近が基本です.芸者,ルキノ,ハスター,ガード26,レオ,白黒,ヴァイオリニスト,泣き虫 辺りはそれぞれ強弱はばらけてますが,読み合いに時間を要するのでちょい早めに救助に取り掛かりましょう.

あと当たり前ですがDD(ダブルダウン)は厳禁です.サバイバーを逃がすために肉壁をしたりや単に逃げ切れなくてDDするのはNGです(傭兵ダウン確定になったら肉壁,封鎖などをすべきですが).

DDをしてしまうと

  • セカンド救助中の解読効率が大きく下がる(ほぼほぼ通電まで辿りつけない)
  • セカンド救助が通って割と持ちこたえているときに最後ごり押しの肉壁などが出来ない

と,とにかくいいことがありません.そもそも今のハンター相手に単に肉壁して時間を稼いだとしてもすぐに捕まります.通電直前とか,レオの思い出の工場にアクセスさせるなどかなりチェイスを伸ばすことが出来そうな肉壁でなければほぼほぼ意味はないです.

[通電後]

ゲートを率先して開けるのが仕事です.サバイバーがゲート付近でハンターに追われている場合は傭兵が肉壁することでノーワンを誤魔化せることも忘れずに.

[野良で特別意識すること]

傭兵が初手にハンターに見つかり,ハンターが自分を追わなかった場合は「注意!ハンターが目標を変えた!」メッセージは必ず送りましょう.

また,あまりにも早い即死については「私を助けなくていい」メッセージで助けに行かない旨を伝えましょう.傭兵が助けに行かない=見捨てて存在感を貯めない,全体負荷がかからないようにして3通電を目指したい という意思表示です.

これで野良が勝手に助けに行ってDDになったらガチャ失敗したと割り切り,ハッチ抜けを目指しましょう.解読器残り1-2台にしないとハンターは吊らないで放置したりする人もいるので解読をしっかり進めましょう.後は...箱開けまくって演繹pt稼ぎましょう(苦笑)

祭祀

このキャラは固定と野良で大きく立ち回りが異なるキャラです.というか野良ではとりあえず間違ってはいない行動を積み重ねてPTに貢献するという表現が近いかもしれない?

[初動について]

祭司は初期からワープを2つ持っているため,割と初手チェイスを引いても持ちやすいです.とはいえ場所によっては祭司がチェイスしずらいポジションもあるのでそれを避けて,強くチェイスできる場所で解読すべきです.多少散歩をしてもいいのでこれを徹底したほうがいいと思っています.

また,ロングワープは野良固定問わず最初の内はさっさと傭兵につないでしまっていいと思います(回転率を上げるためにも).場所によっては祭司が協力してもトンネル回避が難しいパターンはよくありますし,固定野良でも小難しいことを考えずセカンド辺りでロングワープを生かそう,くらいでいいと思います.

※傭兵につなぐ理由は,傭兵が救助で解読器を放置するのでそれを引き継ぎで上げるためです

[救助について]

祭司が救助補助をする(出来る)場合は,ロングワープを椅子から少し離れたところに作ってもらって,そこから椅子までの道をワープで繋ぐようにするのがよくある手法です.傭兵の方では肉壁はあまり良くないと説明しましたが,ロングワープに入った後の残像を肉壁したり,ロングワープに入れるように補助をするための肉壁は意義があります.

但し,当たり前ですがハンターにワープを先に破壊されたりやそもそも祭司が救助を手伝うことで解読が遅くなりますので,一概に救助補助をするのが有効に働くというわけではないですし,なんなら野良はロングワープに気付かず明後日の方向に逃げることもあります.あんまり拘らなくていいような気がします.

[野良で特別意識すること]

救助補助などやチェイス補助の意思疎通が難しいので,前者は椅子に座ってる野良から視認しやすいようにワープを作ったり,ワープを作ることでチェイスが有利に働く場所にワープを前もって作って置くなどが結局のところ現実的な作戦な気がします.

占い師

シンプルな性能であり,固定では難しいキャラではないですが野良ではかなり難しいキャラになっています.

[初動について]

まず,奇襲系ハンター(写真家/魔女/女王/白黒/)だった場合「先に行くよ」メッセージで通達します.(個人的には芸者も抑制付けられてるときつい初動があると思ってるので芸者も先に行くよって送ったりしてるんですが,あまりよくないのかもしれません.)

このキャラは初手チェイスを引きたくないのでとにかく潜伏しましょう.ハンターの場所がわかるのでこっちに来そうだなと思ったら隠れましょう.

[梟について]

梟を飛ばすべきタイミングについて
・「手を貸して!」で送る(タイミングを合わせたほうがいいが即送りでもよいパターンはある)
女王が鏡,ヴァイオリニストが弦を出す音が聞こえたら貼る
・調香師,バーメイド等のキャラに貼る(香水,ドーブリンのCT稼ぎ)
・救助キャラにすぐ貼る
・祭祀のワープがある,被救助対象が呪術師,オフェンスの粘着などトンネル回避の見込みがある時の被救助者に貼る

野良では特に二つ目が大事だと思っています.野良では伸びそうな場合でも手を貸して!と言ってくれる人はほとんどいません.

また,これは占い師に梟を送られる側の立場の話になりますが,梟を貰ってもチェイスが伸びない場合は手を貸してと言わない方がいいかもしれません.

[救助について]

梟が余っていてPTの他のキャラの状態次第では行かされることになると思いますが,行くならせっかくなので梟は溜めるように心がけましょう.

[野良で特別意識すること]

手を貸してを送ってくれない系サバイバーかどうかというのはそもそも判別が難しいんですが,低ランク帯では最初から送ってこないものと決めつけて定期的にチェイスキャラを梟でチラ見するといいです.1秒みて今すぐ貼って意味が無さそうだったら貼らずにすぐ解読に戻るといった感じ.梟で長時間見ているのは時間の無駄ですが,1-2秒見るのを2回するくらいなら時間かからないですからね.

勿論,梟にもCTはありますのでちゃんと手を貸して!と送ってくるサバイバーにとっては困るので正しい方法とは言い難いかもしれません,ですがマンモス以下ランクマッチで手を貸してを送ってきてくれるサバイバーは...殆どいませんし...まあ意見の一つとして頭の片隅に入れていただければ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください