秋葉原のアジトの話 (秋葉原 デカ盛り あだち)

注:技術記事では無いです.

今 Twitter 鍵垢にしているのでアレですけど,僕が散々 SNS で「アジト」と呼称している秋葉原の飯屋...というか居酒屋を紹介します.最近書くことが無さ過ぎるので.

最初に読んで欲しいもの

基本情報 ⇒ 食べログ:秋葉原あだち

他:一般/初見の 犠牲者の手記 (新しめの物を出来るだけピック)

本家と違って5つ全部読んでも BAD END にはなりません このネタ分かる人いる?

この記事でまあ書こうかなと思っていること

犠牲者の手記の通り,一般/初見によって良い感想悪い感想双方共にネットで結構書かれているようです.

一方で常連の立場からレビューされているような記事が見つからなかったため,この記事では常連の僕が 100% 正しい情報を書こうかなと思いました.

結構ネットでは「それは持ち上げすぎじゃね?」「それは悪く言いすぎじゃね?」みたいな記事が多く感じたのと,まあせっかく贔屓にしている店だし,コロナで客も遠のいてると思うので宣伝しようと思いました.

後は夜に来る人が増えてくれるとありがたいとかいろいろありますけど,そんな感じです.

内容としては

・夜営業の話

・ネットに書かれてるあれこれは本当なの?

・行ってみたいんだけど気を付けること,認知のコツとかある?

位に焦点を絞ってお話します.昼の部は犠牲者の手記でわかると思うし,それ本当なの?って内容は二項目目で纏めようと思います.

夜営業の話

まず,この店ってデカ盛りの店みたいな紹介が9割,いやもしかしたら9.9割を占めてるとまで思っているんですけど,実は居酒屋もやっています.

まあそもそもインパクトはどう考えても大盛二升だし,定食屋として認知されている分夜に来るかと言われたら皆が皆来るとも言えないのであんまり浸透していなくても仕方ないのかなとは思うのですが...

僕が写真撮るの失念してしまったため詳細に説明することはできないのですが,メニューはレモンサワー,梅サワー(梅酒じゃない),ウーロンハイ,瓶ビール...程度しかありません.

いやそれじゃ話題にもならんし,何で君たちこんなところに飲みに来るんだい?みたいな感じもしますよね...まあ,というのも一般と常連だと勝手が変わること,度数の問題がある(この店はデフォルトの注文サワーに対してほとんど割られておらず,サワー感覚で飲むと一気に酔います)からあんまり一般,初見で評価されないのも仕方がないんですよね.

説明する点は結構多いんだけど,この店の夜について端的に分かりやすそうな写真を貼った方が良さそう...

はい,まあ定例会っていう特定曜日に集まるとか,皆で酒を持ち寄って飲みあうみたいな文化があります(酒の会).

昔はラブライブ!のライブ動画を壁に映したりもしてました.(映写機持ってくるのが怠いみたいな理由で最近は行われていませんが...) 定例会っていうよりかはオタクが勝手に集まるみたいなのをイメージしてもらった方がいいかもしれない.

定例会では(というかオタクや常連が勝手に集まったりすると) 常連は好きな割物で焼酎を割ったりできる,酒の持ち込み料 0 円,皆潤沢に差し入れを持ってきてくれる,店側も普段昼には提供しない珍しい料理や美味しい料理を出してくれます.

また,夜も米が残っていれば定食を出してくれますし,小さめの刺身丼も出してくれたり.おかわりも昼と変わらずタダ.お酒が飲めない人にも優しい.

なんかもうここまでくると料理も勝手に出てくる上にスペースを借りれるみたいな店っぽくなってますが,大体どんなに飲み食いしても2000円,というのがすごい(瓶ビール何本も開けるとかは例外だが).

仮に瓶ビール一本,焼酎2-3杯,誰かの差し入れのリキュールやらウイスキー飲んで料理も明らか 1000 円超えてるのに 2000 円.いやあ素晴らしいだろ...

これはたまたま写真撮りに来た日に冷蔵庫にあった常連の差し入れ

他,料理,酒,金銭面以外にも良いところがあって,この店は皆(一般常連問わず)客同士で会話している様子が多いです.犠牲者の手記にも書かれているように店長がああいうキャラだし,詳しくは無いもののサブカルに対してかなりフレンドリーなので客同士で会話が発生することが多かったり,コミュ障のオタクにも優しいです.初見同士でもサブカル趣味関係で意気投合して身内になったりする.

そういうのもあって,行くのが大変敷居が低いし,行けば誰かいることも多いし,いなくても PC で作業とかもできてしまうので(常連特権)で大変お世話になっております...皆も店に顔出しまくって常連になろう,そして店に金を落とそう!オタク友達作ろう!

 

ついでに:明日僕はカシスリキュール差し入れます.来れる人は来てくれや.僕は大体土曜日と気が向いたら平日のどっかに来ることが多いです.ブログの読者も来てくれたらブログの記事の話しようぜ.

ネットに書かれてるあれこれは本当なの?

Q:店長がガンガン喋って料理が出るのが遅いとかってあるの?
A:時たまあるかもしれないが,基本的に一般/初見はそこまで待たされないと思う.
但し, 昼の12~13時は客が多い場合だと店長のごはん説明とかで時間を食うこともあるかもしれない.ただ向こうも長年営業しているため,ピークは客掃きを意識しているから見た目や思っているよりかは回転率はいいです.

Q:店の中臭い?
A:いや臭くないんだけど...稀に料理の煙臭くなることはあるが換気設備もあるし一時的に臭い?って感じ.

Q:ゴキブリが出るって本当?
A:事実.しかし黒々としたでっかいのが出るとかいうのは一回も無い.最近は毎日バルサン焚いているためあんまり見ない...?

Q:店汚い?
A:年季もあるしまあ...但し過去食中毒とかそういう関係でのお咎め無し,保健所のお墨付き.
後2017か2018年くらいから僕の強い要望で水手拭きが潤沢に用意されたり,店長の考えで店側の床壁掃除等がなされてきて近年は綺麗な方だと思ってる.後はそうだな~...メニュー表とか刷新してきれいにしたい...任せたぞ空手指導者

Q:有名人の来店云々は本当?
A:全部は網羅出来てないけど本当なんじゃないかな 君達の飯田里穂も来ました.

Q:ヤクザが出入りしているって本当?
A:神輿関係者がそう勘違いされているだけでこの店はヤクザと無関係です...

Q:リープンさんの聖地って本当?
A:この店で彼はアニメ界の大御所と対談したり,土下座しました.

行ってみたいんだけど気を付けること,認知のコツとかある?

ただ定食を食べる目的なら,初見の場合は昼夜問わず店長に「来たことある?」と聞かれたら「ある」,と答えて適当にご飯多かったです~みたいな感想を伝えたほうがスムーズ.「何でここを知った?」と聞かれたらネットないしはこのブログだと伝えたほうがいい.このブログって答えてくれれば僕も便宜が図りやすい(苦笑)

秋葉原の蘊蓄を語りだしたら(興味がなく料理を優先して欲しい場合は)「それ前にも聞きましたよ~ この辺は昔青果市場で働いてるのもガテン系ばっかりだからこういう商売始めたんだとか,歴史があるんだとかってね」位に言っておくといいでしょう.後はお腹が空いてる旨を伝えたほうがてきぱき作ってくれるんじゃないかなあ,うん

ご飯をお替りする場合は意味不明だと思いますけど「おかわり一粒で」と言いましょう.

定食について,いろんな記事で「思っていたよりやはり量が多くて最後食べるのがきつかった」みたいな文章が書かれていることが多いですが,これが心配なら最初に唐揚げを食べきった方がいいです.後のんびり食べるにしても水をあまり飲まないでください. 箸を止めずにゆっくり食べましょう.か,もしくは比較的優しめであるネギトロ丼を食べましょう.

この店気に入ったけど常連として溶け込みずらい...っていう人がいるか微妙だけど,認知されたい人は僕に話しかけてくれれば話相手になります.友達いないのでうれしいです.ちなみに僕は土曜の夜かたまに平日の夜に iPad や PC カタカタしながら持参しているステンレスタンブラーでお酒飲んでます.それか店長にこのブログのこと言えば僕の事指してくれると思います.

まあ回数来てる方なら別にそんな熱意とか無くても基本的に全然歓迎されると思います.サブカル詳しいとか確立した趣味があるとかだと楽かもしれません.

因みに僕はコミュ障過ぎてなかなか認知されなかったんですけど面識のない大学の先輩がたまたまいらっしゃってて認知されました...

 

 

 

 

 

秋葉原のアジトの話 (秋葉原 デカ盛り あだち)” に対して3件のコメントがあります。

  1. 当ブログへのリンクありがとうございます。
    WordPressに通知が来ていたので訪問させて頂きました。

    常連さんから見た「あだち」の記事、じゃっかん苦笑いで読ませて頂きましたが、細かく書かれていてとても面白かったです。

    私の方も事実ではあったものの、読者の方に不本意な取られ方をしては申し訳がないので、遅ればせながらフォローの補足を追記しておきました。

    あと黒い物体Gはバルサンよりブラックキャップがめちゃくちゃ効きますよ。飲食店などの業務系では確証ありませんが、家なら間違いなく一匹もいなくなります。よろしければお伝えください。

    以上です。

    1. Maya Yamato より:

      当ブログ管理人です.

      まず,(店で待たされるという箇所について)掲載先のページの内容は嘘です!みたいにこちらの記事で弁明してるような文章になってしまっていることについてお詫びをさせてください.私の書き方が稚拙でした.

      他,犠牲者の手記という書き方はそのままの意味ではなく,某ゲームのネタでふざけた書き方をしたものなのですが,わからない人にとっては勘違いさせてしまう書き方でした.申し訳ありません.

      ブラックキャップについては会長にお伝えします.

      わざわざ訪問して下さって,コメントまで下さりありがとうございました.

  2. ブログ「なんで勉強するの」管理人 より:

    Maya Yamatoさま

    苦笑いという表現は、貴ブログを読みながら、私が「あだち」さんのことを悪く表現しすぎてしまったと感じたので用いました。

    誰かが悪いならばそれは全て私です。失礼いたしました。
    犠牲者の手記という表現もまったく問題無いと思います。

    ご返事ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください