東方キャノンボール:Live2d リソース

書くことがなさすぎるので,昨日サービス終了を迎えた「東方キャノンボール」のLive2dリソースのURLリストと,リストのURLを一括でダウンロードできるPythonファイルを共有します.「touhou_CB_l2d.txt」と「txtlist_Downloader.py」を同じディレクトリに置いてスクリプトを起動すれば勝手にダウンロードが始まると思います.

Google Drive

※一応コードだけはこちらに貼っておきます

import os
import urllib.error
import urllib.request

os.chdir(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)))

def download_file(url,dst_path):
    try:
        file = urllib.request.urlopen(url).read()
        with open(dst_path,'wb') as f0:
            f0.write(file)
    except urllib.error.URLError as __e:
        pass

print('Loadng .txt')
with open(r'touhou_CB_l2d.txt') as lines:
    for line in lines:
        url = line.rstrip('\r\n')
        dst_path = os.path.join(os.getcwd(), os.path.basename(url))
        download_file(url, dst_path)
print("Download complete")

こないだのCUE!記事ではゲームの方で扱っているリソース(厳密にはリソースリストだが)を扱って問題になったのかなと思って,今回は自分で用意した物の配布となります.(というかそもそもCUE!の方では大分ぼかした共有方法ではあったのですが...)

サーバーにもメスが入る可能性はゼロではなかったため,一応昨日のメンテナンス前に急いでリスト作りました(所要時間10分程で出来てしまいました...).

一応執筆時点でもサーバが生きていることは確認しましたがなるべく早く確保した方がいいと思います.


補足:今回の解析でやったことの要約を書くの忘れていました.

  1. iPhoneでFlexibleなどでパケットキャプチャ(このゲームは脱獄検知があるが,起動できないタイプではなく起動後数十秒で落ちるタイプなのでキャプチャ可能)をしてサーバーのアセットURLを取得
  2. AssetBundleと思しきファイルから「Live2d」と検索をかけてヒットしたアセット情報にサーバーURLを引っ付けてアセットURLリストの完成

です.アセットURLを作る上で特に捻った工程などは不必要でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください