Amazonの欲しいものリストの罠 名前をちゃんと隠すには

がっしり書く系でないのでさっと書いて終わりにします。

乞食なので軽い気持ちでAmazonの欲しいものリストを公開したところ,付き合いの長い艦勢二人から「名前丸見えだけど大丈夫か?」とか「成程だからぐっちーかwwwwwwwww」とかファンメが来た話。

最初は友達欄で名前が見えるといわれたので,アカウント情報から本名を消して,届け先の受取人にだけ本名を入れて訂正した。

それで友達欄からは僕の名前は消えたんだけど,
次は商品をカートに入れてレジ行ったらお前の名前が出てきてるぞ~みたいなことを言われたのでどやんすどやんす~って悩まされた。

いろいろ調べた結果,Amazonは今年に入ってから個人情報がばがば仕様に変わったらしいのでそれを対策する必要があるとのこと。実際にやった内容についてこのブログに書いておきます。

友達欄の名前を変更する

欲しいものリストのページを開くと出てくる画面で,友達をクリックすると名前が出てくるんだけど,この名前を直す方法は簡単で,


アカウントサービス⇒ログインとセキュリティから自分のログイン情報から本名を消せばOK。簡単だしわかりやすい。問題は次の項なわけですね・・・

会計時に出てくる名前の変更

 


これは実際に購入しようとした人間がいなきゃ発覚しにくいので前者よりは問題になりにくいが,同時に気づきにくいやつ。これの変更はやや複雑で直感的でないところが曲者で

簡単にまとめると
・受取人をHNにする
・届け先を必ず新規作成で作る
・届け先の番地/アパート名の最後に自分の本名を入れる
・第三者の出品の商品の発送同意書チェックを外す

これらを行うことで
変更可能。

関係ないがせっかくなので一応やっておいたほうがいいこと
・サプライズにするのチェックを外す

これで名前/住所は購入者にわからなくなります。
そしてせっかくなので何か買ってください;;

欲しいものリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください