Shadowverse ファイル抽出/解析

本記事の内容/出来るようになること

・Shadowverseのファイル解析

必要な物

・WindowsPC
・steam版shadowverseかShadowverseインストール済みのAndroid/unjailed iOS
・解析セット(ここからダウンロードして)
・所要時間:人によるけど記事に沿うだけなら10~20分

正直バンドリとかと違ってファイル名がはっきりしていたり,
特に条件なく全データをサーバーから引っ張ってくる都合上解析は楽でした。
ただし,復号に関してはちゃんと復号鍵を求めてくるのと,
acbファイルの仕様が若干違うので一応よく読んどいてくださいな。

PC版とAndroid/iOS版どれもやることは特に変わらないです。
PC版のファイル場所:USER\AppData\LocalLow\Cygames\Shadowverse\
※AppDataは隠しフォルダなんでちゃんと見えるようにしましょう

~各ディレクトリの説明~

ディレクトリ 説明
a いろんな種類のファイルがある Live2Dとかもあるのかな。
b bgmファイル
s seファイル
v voiceファイル

覗いてもらえればわかるんですけど,どのファイルもバンドリみたいなハッシュ名じゃなくちゃんと名前がついていて,見るだけで大体検討がつきますね。
しかも一部のファイルはunityファイルじゃなくそのままacbとかawbだったりするのでいやあほんま楽だわ・・・

ちなみにカード画像/ボイスに関してはみなさんご存知
http://sv.bagoum.com/cardSort
ここで事足りると思います。

解析する意味がありそうなのは
・ストーリー/エモとかのボイス
・bgm
とかでしょうかね?

本記事ではエルフステージbgmの解析を例にして紹介します。
この解析ツールセット使ってください(バンドリ解析で紹介したツールと同じ)

bフォルダの中に「bgm_field_01.awb」「bgm_field_01.acb」
というファイルがあると思います。これがエルフステージのbgmです。
これを両方とも同じ場所にある状態でacbdecrypterに.awbの方をD&Dしてください。

なんでか知らんけどawbだけだとファイル変換されなかった・・・
まあ簡単に言うとbフォルダにある状態のままawbをD&Dするのが楽なのかな。
復号鍵はシャドウバース※未確認 を選択すればOKです。

他のファイルの活用もやる気が出次第別記事で書いておきますね。
あと,他のディレクトリで見られるunity3dファイルはそのままUnitystudioに突っ込めば以降バンドリと同じ感じで解析できます。

Shadowverse ファイル抽出/解析” に対して1件のコメントがあります。

  1. 名無し より:

    解析してもすべて機械音のような音になってしまいます。最初は成功しているかもと考えましたがすべてが同じような音なので解析に失敗しているだろうなと思います。自分が解析、抽出したいのはSEです。ちなみにシbgmなどの他のファイルも同じように機械音になってしまいます

    1. Maya Yamato より:

      シャドウバース 調べ直したら去年の10月上旬でacbのバージョンが上がって

      現在のacbdecrypterでは復号無理っぽいですね。

      というわけでこちらで代替方法を書いておきます。

      libcgss にてダウンロードできるacb2wavsを使います。

      bgm_field_01.acb/awbをReleaseフォルダに移動(後で楽だから)

      cmdでReleaseフォルダまで移動して

      >acb2wavs bgm_field_01.acb -a F27E3B22 -b 00003657 -n wav

      と入力して実行してみてください。当方はこれで成功しました。

      SEファイルも同様にできます。

      なお、管理人が10月過ぎても既存手法で解析出来てしまったのは、

      androidの残留データに対して解析をしていたため、

      acb/awbファイルに変更がなされてなかったのだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください