AssetDownloaderの更新 その2

適当に作ってからほぼほぼ放置していたんですが

またPythonをぽちぽち触るようになったので久しぶりに手直ししました。

ダウンロードはこちらから!

変更点

・名前をBandori_Downloaderに変更

・単体でbgmファイルのダウンロードを可能に

・bgmファイルの差分ダウンロード機能を追加

使い方

Assetダウンロード時:

整形済みAssetBundleInfoと本ソフトを同じ階層に置き

本ソフトを起動し、コンソール画面で1を入力。

bgmダウンロード時:

本ソフトを起動し、コンソール画面で2を入力。

その後、ダウンロード処理を繰り返したいNoを入力。

例) 200を指定するとNo200までの曲をすべてダウンロードする。

※この処理繰り返し機能は改善予定

今後の予定

AssetBundleInfoの整形を本ソフトでできたらいいなとか

Assetデータの重複ファイル名を区別つきやすく保存できないかとか

以前の改善予定、Bgmlistの撤廃以外何も果たせてない・・・w

AssetDownloaderの更新 その2” に対して1件のコメントがあります。

  1. リュウ より:

    Assetダウンロード時、HTTP Error 403: Forbiddenと出てきてダウンロードできません。どうすればいいですか?

    1. Maya Yamato より:

      使用しているAssetBundleInfoに記載されているURLが間違っていると思われます。AssetBundleInfoを共有出来ればこちらで確認できます

      1. リュウ より:

        https://drive.google.com/open?id=13WHtz8ht5JP6QJysH9OZ6eRFaP6xEHpe
        こちらを。
        といっても、バンドリ!抽出 / 解析の下準備でいただいたものです。

        1. Maya Yamato より:

          あー…整形版って銘打ってしまったのがいけなかった。これは私のプログラム用の整形ではないんですよね。

          https://raspberrypi422.mydns.jp/wordpress/604/

          こちらの記事通りに整形すればできます。誤解を招きやすい記述でした。すみません。

          1. リュウ より:

            おかげでダウンロードすることが出来ました!ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

宝石研物语 Live2D 解析

次の記事

バンドリ!各種内部ID