第五人格の闇とそこから自力で抜けた話。~全試合野良,勝率5割でグリフォンへ~

概要

第五人格ってゲームで,気軽にソロで最初遊んで行こう~って人間の多くが直面して,自覚した時には既に遅しみたいな闇が深い所について書きたくなったのと,そこから自力で抜け出したので今後の備忘録がてら書き残した。

第五人格の闇

単刀直入に言うと

低ランクの味方が弱すぎて,勝つのが他の協力ゲームより難しく,負け続ければ固定が組めにくくなる.

うん.

もう少し書きましょう.まあその…例えばね,機動戦士ガンダムEXVSだとかLOLだとかFPSみたいな,多対多のゲーム,つまり同じ人数で徒党を組んで対戦するゲームの場合でも味方が弱くて負けてしまうというのは勿論ある.但し,相手側にもそういう弱い人間が行ったりする確率はあるわけで,もっというなら自分の陣営に雑魚が来る確率より体面に来る確率の方が高い(自分は雑魚じゃないとして)んだからそれを踏まえて勝率が低い…というのは考え直せば自分も弱いんでは?という感じ.

まあ勿論,ホント確率のブレで自分の隣に雑魚ばかりきていて,対面に強いのが来ているのが続いて負け越してしまうということも起こりえないこともない.自分の相方は一生覚醒吐かない30なのに低コにこかされて,それを助けたら自分が被弾して,負の連鎖で負ける…みたいなこともあるとは思うけど 数をこなせば収束するし,先ほども言った通り自分が弱くなければ勝率は5を超えるのが普通だと思ってる.

ここまでは多対多までの話で,要するにこういうゲームでは味方のせいばかりにもしていられないよ!というのが言いたいことなんだけど第五人格,DBDみたいな人数非対称ゲームではこれが全く当てはまらないんだよね.

このゲームが多対対ゲームと異なる大事なポイントは
①1人のやらかしがとても重いこと
②敵には地雷が来にくいこと
なんだよね.

このゲームの4人側の勝利条件は3人以上が脱出することなんだけど,やってない人向けに説明すると脱出可能状態になるまでに1人が脱落するとそれだけで勝利が非常に困難になる.開幕即死されて解読機が残り4~5個段階で一人脱落するのなんて低ランク帯では死ぬほど多い.死ぬ側もすぐ死んでくれるし助ける側も助けるだけで肉壁も封鎖も何もしない,1,6割救助当たり前みたいなことを平然とやってのけてくれるから.

つまり一人がやらかしただけでカバーもおざなりなのでほぼほぼ負けるわけだ.加えて野良では庭師だの納棺師だの香水フクロウ使わない調香師占い師みたいな利敵サバイバーも混ざってくるのでなおのこと勝てない.

逆にハンターは1人で戦っているわけで,そういう利敵サバイバーを引けば勝つし,頼れるのは自分だけなので比較的まともな思考の人間が多い.比較的…というだけに過ぎないけど動きがおかしいみたいなのは少ないと感じている. いや,まあ弱い人っているんだけど,サバイバーで弱い人とハンターで弱い人が対峙すれば勝つのは後者って言った方が正しいのかな…()

ちょっと長文になったから一旦纏めると
・低ランク帯のサバイバーは地雷ばかり
・このゲームでは地雷を一人でも引けば苦しい
・ハンターでよほど変なのは少ない
というのを理由付けして解説した.

これを踏まえて 野良はゴミだな…じゃあ固定組めばいいじゃない!Twitterで強いやつ見っけて固定だ!という考えに至る人間はいると思うんだけど,程度はあれどそれが叶わなくなっているのがこのゲームの闇である.

というのもこのゲーム勝率2割でもマンモスまで到達してしまうので脳死で試合数だけ稼いで到達したものの,そこでマンモスVから星すらもつかないという状況に直面する.それを打開すべく全チャやTwitterで相方を募集するけど勝率2割と組んでくれる聖人なんてほぼほぼいないんだから.

もしかしたら組んでくれる人間を引けたとしても,それを3人集めなければ野良が混じって台無しにしてくれることはあるし,自分がやらかせば「やっぱ勝率2割は..」と音信不通になることもある.地獄だな…

一応ここはことわっておきたいんだけどこのゲームで勝率2割というのは他のゲームほど深刻な数字ではない.味方で下げられてこうなったんだろな…と感じる人間もいる.現に僕だってS7の鹿の時は勝率2割まで落ちたことある… ボロタイ中に棺出すアホとかに怒鳴った思い出すらある…

んだけど,やっぱ地雷じゃないかもしれない勝率2割より勝率4,5,6割と組みたいじゃないですか.こういうわけで固定組みづらくなるわけ. 自分がかなりまともじゃなければ勝率2割で野良行ってもマンモスIVすら到達できないし地獄だ…

だけどなんとか野良でグリフォンに辿り着いた

今期は何故かやる気があって,鹿からスタートして辛抱強くやってたんだけどホント大変だった… VC固定一回もなし. 使ったキャラは傭兵/空軍/オフェンス/機械技師/占い師が多かった.

んで,野良でここまで辿り着くのに何をどうしたかって話もしようと思ったんだけど,文章力なさ過ぎて無駄に長文になったので次の記事かなんかに分けようと思う. (多分この本文も後で文章整理するまである)

第五人格の闇とそこから自力で抜けた話。~全試合野良,勝率5割でグリフォンへ~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください