リズムゲームの上達の仕方

※AP全埋めしたい~みたいな層向けの記事ではないです。筆者は下手です。
※下手くそだけどEXトライマスター取れるかな?レベルまでの上達方法
※ここではバンドリを例に説明しています。

書きおこしのきっかけ

やっとEXトライマスター取った…。(10/23取得)

 

28コンボトライ出る前に28枠の練習してたらたまたま偶然GKのFCが取れてしまったから頑張ったら取れた。あらゆるゲームが下手くそ故,一生取れないかガルパのサービス終了まで称号手に入らないんだろうなと思ってたら約一年と半年で取れた…。

どちらかというと最近はバンドリ真面目にやってるわけじゃないんだけど,28を2回FCしたというこの事象一体何なんだろうな。リズムゲームの腕が何で向上しているんだ?と微妙な気持ちになったから書きまとめることにした。

上達方法の言語化の難しさ

僕は世界で一番ゲームのセンスが無い人間なのと,型にはめたいタイプだからまず上手い人に「どうやったら上手くなるの?」と聞きます。チュウニズム15.70,15.43のキモオタとか,毎晩デレステで協力ライブしているキチガイとか,数多の音ゲー自信二キのまつり姫とかとかとか…の身内にとりあえず聞きます。

センス」「センス」「感じろ」「センス」「適当」「センス」「勝手にできてた」「お前じゃ無理

っていう回答が返ってきます。一概にこれを否定したいわけじゃないけどこういう答えが欲しかったわけじゃないよね。多分言ってる本人らも悪気はないと思う(最後のはあると思う)。でもセンス無いし感性もないし適当にやったらMISS出まくってる僕みたいな人間はどうすればいいんだよ…という感じです。

まあじゃあGoogleで検索してみるか…と検索してみると,案外記事とかそういう系の情報は見つかりません。バンドリで上達!!!みたいなタイトルで釣っといて判定調節ガーとか言ってるようなのはゴロゴロありますけど具体的な練習方法とかは全く無い。僕が見つけた数少ない音ゲー上達方法に関する記事はこれくらいしか知らない。(いやもっといいサイトあるが???という方はご教授ください。)

3倍速く音ゲーが上手くなる方法

上位譜面が突然見えなくなる原因と対処法

音ゲー上達論

しかしこれもまあ…というか,具体的に何をどうしたらあそこは取れるんだとか,精度が上がるんだ見たいな話が主体なわけでもなく,リズムゲームをするにあたって精神的な取り組み方,演奏する曲の選択,悪癖の除去方法みたいな話が主体ですよね。まあそれでも判定調節ガーとかレーンズレても押せるーみたいなどこでも見れるような文章でアフィってるクソサイトよりは全然マシです。

個人的には,こういった系統のほかにもこの曲のここができない!他の曲でも似たようなところができない!どうすればいいんだろう…というものに対して普遍的に回答しているようなのも少ないかなと感じています。

簡単で極端な例であれだけど,僕がバンドリ始めたばかりの頃,EX24のButterflyのトリルすら難しいと感じていた時に人に聞いても具体的にコツとかを教われたかを思い出すと微妙な感じ。というかトリルって今でこそ普通にできるけどいざ人に説明するとなると,僕も「適当に叩いてたら光る」みたいなことしか言えなそうなのが…

リズムゲームの言語化が難しい,もしくは網羅的なことに関する言語化は難しいことについては理解していただいたと思う。以降はそれを踏まえたうえで僕が思う上達方法についてでもだらだら書くか…と思う。正直僕より上手い人たくさんいるから彼らにこそ書いて欲しいんだけど。

筆者が思う上達法

簡潔にまとめるとこの3点を守って無理なく数をこなしていくのが正解だと思う。無理なくです。

なんか胡散臭そうな箇条書きになってるけど二つ目が肝かなと思ってます。

☑粘着,体調不良時,悪環境✖ 正しくプレイをする
☑動画を使って見直し,参考にして取り方を決める
☑煽りありで身内で協力ライブをする

粘着,疲労時,悪環境✖ 正しくプレイをする

・特定の曲を取りたい故,同じ曲をずっとプレイして悪癖をつけてしまう所謂「粘着」プレイ。

・単純に目が疲れたり手が震えている疲労時のプレイ。

・画面に映る照明の光が気になる悪環境でのプレイ。

これらは絶対にやめましょう。リズムゲームってスポーツでも何でもないので体力が云々,プレイする曲にルールがある云々,悪い環境でプレイしなくてはならない云々はないはずです。イベントの周回ではプレイに質は求められていないし,ガルパ杯出るような人はこんな記事読まない,と思いますし。

僕は大学の端末室でラフにバンドリをやって,失敗したり疲れたら,目薬をさしたり,見直しを挟んだり楽な作業を挟んで休みます。粘着もせず難易度低めの曲で指だけほぐしたりします。至極当たり前のことですけど,悪いコンディションで臨む,所謂舐めプしてプレイしたっていい結果なんて出るわけないじゃないですか? でもでも,真面目な人とかが割と犯しがちだと思う。

自分は一応ゲームに関しては真面目にやる派なので,「この失敗が俺を強くする」とか念じながら粘着して,全く上手くならなかった時期がそこそこあります。今思うとほんと馬鹿すぎる。まあ実際のところは悔しいが先行して粘着してたんだろなあという感じですね。

あと申し訳程度に書くけど,他のまとめサイトとかでも言ってるだろうけど,ちゃんとゲーム設定は適切?端末はiOS?なども見直しましょう。あんまり言われてるの見たことないけど個人的にノーツの大きさ変えるの結構大事だと思います。安心します。

動画を使って見直し,参考にして取り方を決める

ある程度練習しても,同じ場所で死ぬほどつっかえる系の場合は動画を撮って具体的にどのノーツで死んでるんだ…というのを炙りだすのが有効だと思います。結構面倒なので怠りがちだけど,少なくとも粘着しているより有意義に時間を使えてると思います。

これは僕の個人的な話なんですけど,Y.O.L.O!!!!!のあのクソトリルあるじゃないですか?斜めトリル部分の始動ノーツが右端にあるのに,レーンずれてて押せてなくて失敗していることを自覚したら成功率はかなり上がりましたし,God Knowsの最後の曲終わり前のロング同時押しの前のロングも何故か失敗するようになっていたので,見直したら右端まで指が動いてなかったとか… 思っている以上に「あらぬところを押している,届いていない」という現象に対して自覚がなかったことって多いんだなと感じました。

 

(引用元:BanG Dream譜面保管所)

悪癖がついてしまった…と思ったら今一度動画に収めてみましょう。他,Youtubeに上がっている上手い人の手元もしくはプレイ動画を見ましょう。自分が手こずっている個所の取り方のヒントが得られたり,落ち着いて流れてくるノーツが見れるので自分の中でノーツの処理の仕方を整理しやすくなります。

例えばですけど 海色や激動,簡単なものならソラモヨウとかに出てくる「ロングの終端がフリック系でかつ位置がレーンの外側」パターン,あれはレーンの内側に払うか逆方向にフリックしたほうが取りやすい,というのを知見を吸収出来たり,漠然と動画を見るだけでも「あれそんな難しくなさそうだ…」「ここらへんで上手くいってるときってノーツの音はこんなリズムで聞こえるのか」「よく見たらこの箇所ってノーツが右寄りに集中してるな,ここは左手も使って取ってみたほうがいいのかな(激動のチュチュが歌ってる部分)」というのを落ち着いて把握できます。

(引用元:BanG Dream譜面保管所)

動画の選択としては,自分と同じ端末か,速度か,等を考慮に入れるといいと思います。また,自分がよく失敗する箇所の時間をコメントすると,すぐに飛べてそこだけ参照する,というのが楽になったりします。

他,有機的な投稿者の方(=コメントに反応してくれそう)ならコメントをしてみるのもいいかもしれません。(あまりにコメントしすぎると煙たがられる可能性はありますが…)同様にTwitterでも手元動画上げている人,質問箱を設置している有名コテに聞くというのも案外有用だったりします。(センス,とか適当,と言われてもめげないこと)

煽りありで身内で協力ライブをする

憎しみは人を強くします。身内の方と協力ライブをして,そこで自分のできない曲を投げておくと,まあ大体他のできる人らから煽られるのでやる気になります。「この曲ができない人」みたいな印象をそれとなく植え付けておくと,そのできない曲を選曲しやすくなりますし,ほかのできる人らもその曲を触ったり意識するようになるのでアドバイスを引き出しやすくなります。

他,協力ライブで身内に負けない~という目標を持つのはモチベーションになります。リズムゲームって基本的に自分がスコア,結果と向き合うゲームで,QAPやイベント集会でメンツ確保等しない限りはゲーム的な意味では一人で取り組んでいるにすぎなく,燃え尽きると遠ざかってしまうんですよね。そうなると僕みたいに遠ざかってしまう期間が生まれてしまうのでお友達がいる方は是非とも協力ライブしていきましょう。

とはいえ,仲を悪くしない,粘着にならない程度の選曲頻度にしたり,感情を制御できなくて空気を悪くするのはやめましょう。

最後に

思った以上にかなり当たり前より?な内容になってしまった感じがするけど,文章にしたら割ともやもやは取れた感じはする。

書いてて他に思ったのは,上手い人を基準に置きすぎて考えすぎるのも良くないかなとか(この3点の内容とは別に)。人によっては動画を取るとか譜面研究という行為をしたことがない有名コテも世の中にはたくさんいらっしゃっていて,ああいう人種は素晴らしい人間なので本当にきままに遊ぶだけで上手くなる化け物なんですよね。「〇〇さんはめっちゃうまいし.あの人がそんなことしてないっていうんだからやらなくていいよな」というのは良くないと思う。

僕みたいなソシャゲで言うならコモンくらい性能しかない人間は,とりあえず理屈的に良さそうなことはやる,やっては行けなそうなことはやらない,くらいの線引きをしっかりやって無理なく付き合っていくのが多分正解なんだ…

今後は全曲FCを目指してバンドリやっていくと思うから,また書きたいなと思うことがあったら追記すると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください